脱毛について考える

脱毛して楽になった

美肌になるため、度胸を出して通い始めた事といえば脱毛です。

脱毛は大いに面倒な心象でしたが、いざ通うと二ヶ月から三ヶ月程度に一度の来店スパンで済んだり、脇とVラインだけの施術なら、20分ほどあれば受けることが出来たりと、案外早くにあまり時的にも負荷をかけずに施術を受けられると知って感銘ました。

脱毛エステは完璧な個室制で施術が可能である時がおおよそですし、周囲のお客さんの様子や目線など全部気にする事がないのも最高でした。

美容院と違って他のお客さんの姿が見えたりせず、扉やカーテンやドアなどできっちり仕切られた完璧な個室で施術出来ましたし、お手入れのときもガウンやキャミソールなど専門の衣類を準備してもらえたり、施術中も脱毛中以外の箇所にはタオルケットを掛けてもらえて肌の露出をカバーしてくれたりもしたので、特に羞恥心を抱くことはなかったです。

脱毛をしてから、個人的にトップ嬉しかった点は必要ない毛を処理するペースが減ったことです。
そんなに定期的のように自己処理してた脇ですが、脱毛を受けてからは徐々に必要ない毛の手入れをする頻度や不可欠性も減って、必要ない毛処理する手間が無くせるようになりました。

カミソリで必要ない毛を剃ると肌が乾かすして剃刀負けしてしまったり、肌へ強い摩擦が加わるので肌が色素沈着して毛穴が黒ずんできたりと、肌トラブルに見舞われる事も多かったです。

けれども、脱毛してからはわずかずつ自己処理する事が減ったおかげで、脱毛前より格段と肌のキメも美しいになり、肌質も改善して毛穴のブツブツも際立たなくなりました。

脱毛について考える

Tags: No tags